Dept. of Civil Eng., Utsunomiya Univ. Utsunomiya Univ. Faculty of Eng., Utsunomiya Univ. Dept. of Civil Eng. & Architenture TOP PAGE
宇都宮大学
宇都宮大学工学部
建設工学コースにおける教育目標
 今日、建設技術者が直面する問題は非常に多様化しています。このことは、本コースの卒業生が、社会に出たときに、これまでに経験したことのない問題を数多く解決しなければならないことを意味し、そのためには、既存の学問、技術を組み合わせて、新しい学問や技術を創造していくことが必要になってきます。そのために、本コースでは、

  • 科学および建設工学の基礎学問における最も根本となる理論を徹底的に理解する、
  • 実体験に基づき基礎理論をどのようにして実際の問題に適用するのかを体得する、
ことを教育の目的とし、これを実践するために、以下のような具体的な教育目標を掲げています。
(A) 専門基礎力の育成
自然科学および土木工学の各専門分野の基礎理論を、その成り立ちから深く理解している技術者を養成する。
(B) 応用能力の育成
演習、実験、学外実習などを通して基礎知識を実問題に適用する方法を体得させ、即戦力となり得る応用力を育成する。
(C) 問題解決能力の育成
社会基盤、地域住民の生活、自然環境が相互に及ぼす影響や制約を多角的に考慮し、問題解決のための適切な施策を提案する能力を育成する。
(D) 実行力の育成
提案した施策にしたがって、計画的に物事をやり遂げる能力を育成する。
(E) 総合的視野の育成
地球規模、国内、地域あるいは長期、短期といった様々な観点から物事を捉える広い視野を育成する。
(F)倫理観、責任感の育成
専門的立場から公正に発言および行動ができる倫理観、責任感を育成する。
(G) 情報および意思伝達能力の育成
口頭および文書で、事実説明、意思表明、議論を適切に行う能力、また、これらを国際語としての英語で行うための素養を育成する。
(H) 継続学習の基盤形成
人文、社会、自然科学、専門知識を土台として継続的に自己啓発に取り組む事ができる能力を育成する。

 Copyright © 2009-2010 Department of Civil Eng., Utsunomiya Univ. All Rights Reserved.